【トラベルサポ−トどっとこむ。】旅行業に興味のある方、ご予定の方へ!旅行業登録についてのご相談から申請の代行まで、行政書士廣瀬事務所が応援します!
旅行業登録申請の応援サイト【トラベルサポートどっとこむ。】

  旅行業登録

 旅行業登録の概略


 旅行業登録とは(旅行業法第3条)

  ツアー旅行を企画して参加者を募集したり、お客様の依頼によってフライトチケットやホテ
 ルの手配を行ういわゆる「旅行代理店」を営業するために必要な行政庁への登録です。
 「登録」といっても申請書を提出すればOKというわけではなく、一定の条件をクリアしないと
 登録されないため、一種の「許可」と考えて頂いたほうがわかりやすいでしょう。


 旅行業登録の区分について

  旅行業登録は、取り扱う業務の内容によって第1種から第3種までの3種類に区分されて
 います。
 以下、それぞれの業務内容についてご紹介します。
 
種 別 業務内容
第1種旅行業登録  海外・国内のすべての企画旅行、手配旅行
 など、旅行に関する一切の業務を取り扱う
第2種旅行業登録  募集型企画旅行については国内のみ可能、
 受注型企画旅行については海外・国内、
 手配旅行については海外・国内を取り扱う
第3種旅行業登録  募集型企画旅行については国内のうち営業
 所の近隣を対象とした旅行のみ実施可能、
 受注型企画旅行については海外・国内、
 手配旅行については海外・国内を取り扱う

   ※旅行業者同士が委託契約を締ぶことにより、相手旅行業者の企画旅行を代理で販売
    することができます。従って第2種、第3種でも、第1種旅行業者の取り扱う海外の募集
    型企画旅行の代理販売が可能です。


 企画旅行・手配旅行の定義について(旅行業法第2条)

  種別ごとに取り扱える業務内容について上記でご紹介しました。
 では企画旅行や手配旅行、募集型や受注型とはどのような旅行業務を指すのでしょうか。
 ここでは、業務内容の定義についてご紹介します。

種 別 内容の定義
募集型企画旅行  あらかじめ旅行業者が旅行の計画を作成し、
 広告媒体等を通じて参加者を募集する、いわ
 ゆる「パッケージツアー」
受注型企画旅行  お客様の希望により旅行の計画を作成し提案
 する、「オーダーメイドパッケージツアー」
手配旅行  お客様の希望により運送機関や宿泊機関の
 手配を行うもの


 旅行業登録の申請先

  旅行業登録は、その区分によって申請先の行政庁が異なります。
 以下では、それぞれの申請先についてご紹介します。

種 別 登録先
第1種旅行業登録 国土交通大臣登録(地方運輸局)
第2種旅行業登録 都道府県知事登録(都道府県庁)
第3種旅行業登録 都道府県知事登録(都道府県庁)



 申請から登録までの期間

  通常申請書の受付から登録までの審査期間は以下のとおりですが、審査の段階で書類
 の記載や内容に不備が見つかると更に時間がかかることもあります。
 事業の開始予定から逆算し、余裕を持って準備を始めましょう。


種 別 期 間
第1種旅行業登録 約2ヵ月
第2種旅行業登録  都道府県ごとに定められており、期間は異なり
 ます
  (例)東京都   約40日
     神奈川県 2〜3週間
第3種旅行業登録


 旅行業登録の更新(旅行業法第6条の3)

  旅行業登録は登録を受けた後5年間の有効期間が設けられており、その後も営業を継続
 するには、5年ごとに更新の申請が必要となります。
 更新の申請は、有効期間が満了する日の2ヵ月前までに申請先の行政庁へ提出すること
 になります。添付書類等も必要となりますので、4ヵ月前あたりから準備を始めることをお
 薦めします。
 更新の申請先は、現在受けている登録の種別に応じた行政庁となります(上記「登録の申
 請先」をご参照下さい)。


 申請の手数料など(旅行業法第22条)

  旅行業の登録に当たっては、以下の登録免許税・手数料等が必要となります。

種 別 名 称 納付額
第1種旅行業登録 登録免許税 90,000円
第2種旅行業登録 手数料  都道府県ごとに定められており、
 金額が異なります
  (例)東京都   90,000円
     神奈川県 17,000円
第3種旅行業登録 手数料


 無登録で営業を行った場合の罰則


  
旅行業法上、無登録等で営業を行った場合、以下のような罰則が科せられます。

 登録をせずに旅行業の営業を行った場合、100万円以下の罰金
                                  (旅行業法第29条)
 不正の手段を用いて旅行業登録された場合、100万円以下の罰金
                                  (旅行業法第29条)


  尚、罰金刑に処せられた場合、無登録の場合は5年間免許の申請ができず(旅行業法
 第6条)、登録されている場合は業務停止または登録の取消し事由に該当してしまう(旅行
 業法第19条)ため、注意が必要です。



次のページ 登録までの流れ










HOMEサイトマップリンク個人情報の取り扱いについて特定商取引法の表示
Copyright(C)2008 Hirose office All Right Reserved