【トラベルサポ−トどっとこむ。】旅行業に興味のある方、ご予定の方へ!旅行業登録についてのご相談から申請の代行まで、行政書士廣瀬事務所が応援します!
旅行業登録申請の応援サイト【トラベルサポートどっとこむ。】

  旅行業者代理業登録

 登録の通知後にすべきこと


 登録の通知を受け取ったら

  営業所宛てに登録通知交付の連絡が届いたら、審査を無事にクリアできました。
 しかし、まだ営業が開始できるわけではありません。
 申請した行政庁に赴き
通知を受け取った日から営業の開始日までに、以下の手続きを行
 う必要があります。

 1.通知を受け取ると同時に手数料を納付
 2.委託契約を結んだ旅行業者は、代理業者登録の旨を行政庁へ
   届出
 3.登録票・料金表の用紙を購入し必要事項を記載、営業所内に
   掲示


 委託契約を結んだ旅行業者の届出(旅行業法第6条の4)

  登録の通知を受け取った日から営業の開始日までに、登録した代理業者と委託契約
 を結ぶ旅行業者は、代理業者登録の旨を行政庁へ届出なければなりません。
 これは委託元の旅行業者が代理業者の新設を届出るものであり、代理業者が届出るも
 のではありません。


 登録票・料金表の掲示(旅行業法第12条、第12条の9)

  登録の通知を受け取った日から営業の開始日までに、旅行業者代理業者登録票及び
 代理契約を結んだ旅行業者の旅行業務取扱料金表(手数料表)を営業所内に掲示しな
 ければなりません。
 旅行者(お客様)の見やすいように掲示するよう留意しましょう。


 上記に関する罰則


  
上記の事項に違反した場合、以下のような罰則が科せられます。

 登録事項に変更があったにも関わらず変更の届出をしなかった場合、30
 万円以下の罰金                        (旅行業法第31条)
 取扱料金の掲示をせず営業を行った場合、30万円以下の罰金
                                   (旅行業法第31条)
 登録票の掲示をせず営業を行った場合、30万円以下の罰金
                                   (旅行業法第31条)


  尚、罰金刑に処せられた場合、無登録の場合は5年間免許の申請ができず(旅行業法
 第6条)、登録されている場合は業務停止または登録の取消し事由に該当してしまう(旅行
 業法第19条)ため、注意が必要です。



旅行業者代理業登録に関するお問い合わせは お問い合わせのご案内
旅行業者代理業登録の報酬額は 報酬額のご案内



HOMEサイトマップリンク個人情報の取り扱いについて特定商取引法の表示
Copyright(C)2008 Hirose office All Right Reserved